ホーム / Q&A / 資産税Q&A / 法定相続人とは?

Q法定相続人とは?

資産税Q&A

資産税Q&A

回答集

法定相続人とは?

相続人の範囲は、民法で次のとおり定められています。
死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位 死亡した人の子供
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、近い世代である子供の方を優先します。
第2順位 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは、近い世代である父母の方を優先します。
第3順位 死亡した人の兄弟姉妹
その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供。


なお、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

第1順位の子供(または孫)が一人でもいれば、第2順位の親は法定相続人にはなりません。同様に、第3順位の人は第1順位、第2順位の人が一人もいない場合のみ法定相続人になります。
(養子の取り扱い)
被相続人に養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいる場合は1人、実子がいない場合は2人までとなります。ただし、これは相続税の計算における法定相続人の数としてであって、養子の相続人としての権利には関係しません。

082-272-5868受付時間 8:30〜17:00 土・日・祝日を除く

お問い合わせはこちら