ホーム / 業種別サービス / 理容・美容業 / 理容・美容業経営情報

理容・美容業経営情報

個人がいいか法人がいいか・・・

個人の場合

法人の場合

  • 企業の手軽さ
  • 個人届出だけで事業を開始できる。
  • 法人設立手続きに費用がかかる
  • 信用力人材の採用
  • 個人法人に比べ信用力は劣る。
    個人事業のイメージ等で人材採用面で不利
  • 法人信用力に優れ、取引先の開拓、
    従業員の確保面では有利
  • 資金調達
  • 個人※法人に比べ融資は受けにくい。
  • 法人※金融機関からの融資が受けやすい。
  • 節税対策
  • 個人事業所得が低い場合はあまり差が出ないが節税対策は難しい。
  • 法人所得が大きくなると法人のほうが節税効果が高く、節税対策がしやすい。
  • 責任の重さ
  • 個人無限責任。
    万一、事業に失敗した場合、個人の全財産を持って弁済する必要もある。
  • 法人有限責任。
    株式会社・合同会社の場合、出資の範囲内で責任を負う。
  • 社会保険の加入
  • 個人強制加入の義務なし。
  • 法人社長一人でも社会保険の加入義務があり、人件費負担が増加
  • 生命保険の加入
  • 個人所得控除にはなるが経費にはならない
  • 法人経費になる。
    (加入の状況によっては例外もあります)

※資金調達についてはそれぞれの経営状態によっても異なります。

法人化による直接的なメリットは、「節税」です。そこで、当事務所では法人化するかどうか検討されている皆様のために『法人成りシミュレーション』も行っています。 是非、お問い合わせください。

サロンを経営したい

でも、どんな機関にどんな届け出をすれば良いの?とお悩みの方も多いと思います。
初めての事でわからない事だらけ、不安もいっぱい。
提出を忘れてしまうと開業できなかったり、特典が受けられなかったり・・・そうならないためにも下記の表をご利用下さい。

提出先   届 出
保険所 個人・法人 施設の位置図
構造、設備の平面図
従事者名簿
医師の診断書
理・美容室免許証
法人 登記簿謄本
提出先   届 出
税務署 個人 個人事業の開廃業等の届出書
青色申告の承認申請書
給与支払事業所等の開設届出書
青色事業専従者給与に関する届出書
法人 法人設立届出書
青色申告の承認申請書
給与支払事業所等の開設届出書
提出先   届 出
ハローワーク 個人・法人 雇用保険適用事業所設置届
雇用保険被保険者資格取得届
提出先   届 出
労働基準監督署 個人・法人 労働保険関係設立届
労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書
提出先   届 出
社会保険事務所 法人 健康保険/厚生年金保険新規適用届
新規適用事業所概況書
健康保険/厚生年金保険被保険者資格取得届
健康保険/厚生年金保険料納入告知書送付(変更)依頼書

082-272-5868受付時間 8:30〜17:00 土・日・祝日を除く

お問い合わせはこちら