ホーム / 業界 / 理容・美容業 / 不況に負けるな!目指せ売上up!

不況に負けるな!目指せ売上up!

不況に負けるな!目指せ売上up!

不況・不況と言われ続けているからでしょうか?
お客様の財布のひもが固くなっていたり、来店サイクルが長くなったりしていませんか?
不況だから売上が下がるのは仕方ない…ではなく、当店は成長し続ける!!
という思いで今回は、売上アップを再度考えて見ましょう。
復習ですが、売上の計算は売上=客数*客単価です。
では、客数をUPさせるのと、客単価をUPさせるのと どちらが取り掛かりやすいでしょうか?

客数UP
新規客を取り込む
ホームページの立ち上げ
若い方は携帯で検索をする方が多いようです。
携帯から見ることのできるものの作成はいかがでしょうか?
メニュー表のわかりやすさ
知らないお店や価格帯がわからないというのは入りづらく、不安になるものです。 カウンセリングの際にも、価格のお知らせをきちんとしましょう。
固定客を逃がさない
お客様の声に耳を傾けてますか?
のんびりリッチなひと時を過ごしたい方・元気をもらいたい方…など、どんなお客様が多いですか?
リッチなひと時
→高級なカップやこだわりのコーヒーなどいかがですか?
元気をもらいたい
→朝礼でハキハキした対応をスタッフで練習してみましょう。
失客対策はしてますか?
新規客を一人獲得するのも、既存のお客様を一人失客させないのも一人は一人です。イベントを行ってみたり、お誕生日のお葉書に担当者が直筆で一言添えてみたり、メールのやりとりやお電話で直接お客様の少ない時間帯にご案内!
お客様をちゃんと見ていますか?
カラーやパーマ中に雑誌を読まれるお客様は多いと思います。雑誌をもったままだと腕が疲れてしまいます。フカフカのクッションを用意したり、待ち時間にお客様を放置せず、担当者以外も声をかけるなど、ほったらかし感を無くしましょう。!
客単価UP
新メニューを作る
エクステ・ネイル・メイクなど
新メニューについては、期間を決め、お試し価格で提供するなどしてみてはいかがでしょう?また、マッサージの時間を長くするなどして有料化してはいかがでしょうか?反響が良ければ、仲間入り!?
無料サービスの充実
マッサージサービスなどで、長時間お店にいたい気持ちにさせる
また、タオルにお客様の好きな香りをつけリラックスした雰囲気づくりもよいです。
カウンセリングの充実
お客様がしたい事と美容師の目からた見似合う事は必ず一致するとは限りません。理由を説明した上でのご提案をすることで、自分をちゃんとみてくれているという思いからファンになります。
上記のような具体的な例で取り掛かりやすいものから実践してみてはいかがでしょうか?

関連記事

082-272-5868受付時間 8:30〜17:00 土・日・祝日を除く

お問い合わせはこちら